キッチン


[TOP]  [Search]  [Admin


カジュアルなキッチンにしたい!
質問
新築です。キッチンのインテリアがなかなか決まりません。一応システムキッチンを希望で、木調のものを考えています。床はフローリング(ミディアム)と決まっています。カジュアルなイメージにしたいと思います。

解答
ご新築おめでとうございます。キッチンのインテリアは主婦の「場」でもあり全部奥さんに任される事が多く、かえって迷ってしまいますよね。

ここでは周囲のお部屋の状況などがわかりませんからキッチンを「一部屋」としてみた場合としてお話していきます。

迷った時は、まず、システムキッチンから決め、その後キッチン回りの壁、部屋の壁、天井のクロスと普段の逆から進んでみましょう。
木調がお好みという事ですが、カジュアル感を出すには、キッチンの扉の面材が凹凸の多いデザインではなく、すっきりシンプルな物を選ぶ事です。
色的には、床とほぼ同じから、少し明るめまで。(床より濃いとドレッシーに。)

キッチンのワークトップカウンターは、お料理がお好きなら断然ステンレスのエンボス加工がオススメです。お手入れがし易いです。でも、最近はメーカーにより、モザイクタイルを張ったものも出てきています。実用性の点で疑問ですが、よりカジュアル感は増します。

キッチン周りはタイルなら、薄いベージュ、薄いグレー、極薄い赤味がないピンク、素焼き風のぼかしのあるものなどが合います。どうしてもブルーをという事でしたら、無地よりも、白地に濃いブルーのシンプルな柄タイルが合います。
又、目地をカラー目地という物にしますと、汚れが目立ちません。最近はキッチンパネルという継ぎ目の無い材料があり、無地のもの、タイル風に飾りのポイント柄が入ったものなどがあります。これをレンジ周りに限定してお使いになると、お手入れも楽です。

キッチンの壁、天井のクロスは建築基準法の内装制限(上部に部屋がない2階などはこの限りではない)により、下地共、不燃・準不燃認定とされている中から選ばなくてはなりません。(H12年度より認定制度が変わりました)この範囲から、汚れ防止や防カビなどの機能の付いた物を選ばれてはいかがでしょう。家電機器も多く置かれると思いますので、圧迫感の無い無難な薄めの無地から選ぶと失敗がありません。

最後に照明ですが、全体の照明はキッチン用と称された中から選ぶとコーディネートが楽です。丸みのあるものやすっきりしたデザインが良いでしょう。

又、手元灯はシステムキッチンに既存のものとは別に、スポットライトなどをポイントに使いますと、カジュアル感がアップしますよ。

記入日時 2003/06/03/12:04:36

キッチンの収納の裏ワザ
質問
インテリアコーディネーターの方に、収納のコツをお聞きしたいと思い、やってきました。なにか良いアイディアやアドバイスをお願いいたします。

解答
収納を考える時は、「これがどこに仕舞えるか」ではなく、ご自分自身の「動き方のクセ」と、人間工学的なものをミックスして考えるとOKです。

まず、普通に立った状態で両手をぐるりと回してください。この範囲に日常良く使う物を仕舞います。又その中でも、まっすぐ前方&左右に手を伸ばして届く範囲に最も良く使うものを置いたり収納したりします。(調味料・調理器具・布巾・水きり棚・まな板など)
上下に普通に伸ばした範囲が、その次に良く使うものです。(ゴミ袋や、ザル・ボール・包丁・ラップ類)

少しかがんで届く範囲には、普段使いの鍋・フライパン等。だいたい、シンクやコンロ下になると思います。

次に、かがんで取り出すところには使用頻度の低い「重いもの」、背伸びして取り出すところには同じく「軽いもの」、最後に、踏み台の必要な最上部には季節のものや来客用のものを、取り出し易いように持ち手つきのカゴやボックスに入れて収納します。

又、引出しには、背の低い食器なども充分仕舞えますし、良く使う小型のゴミ袋はパッケージのまま取り出し口を上にして両面テープでシンク下の扉の裏にくっ付けると便利です。又、保存食品や調味料は「フライセット」「乾物セット」のようにして必要な材料を一まとめに大き目の密閉容器に保存すると、調理と収納の手間が省けます。

又、洗い桶が仕舞えるスペースをシンク下に確保すれば、急な来客があったときに洗いものの残りをそのまま桶ごと隠しておく事ができます。

記入日時 2002/12/16/14:28:18

使い易いキッチンとは
質問
漠然とした質問ですが、「使い易い」キッチンって、どういうものなのでしょうか?

解答
個人的な意見で恐縮ですが(笑)キッチンは毎日必ず作業しなければならない場所ですので、まず「疲れない」という点が大切だと思います。
一般的には、キッチンと冷蔵庫までの距離(冷蔵庫の長さも含む)が、3600mmまでが疲れない限度であると言われています。これ以上になる場合は、対面型やL字型、U字型にする方が良いでしょう。

又、「動線」という物にも注目しましょう。つまり、日常の家事などの作業の流れを良く考えてキッチンスペースが配置されているかどうかです。特に、洗濯機を回す、干す、キッチンで作業する、という事を、あっちに行ったりこっちに行ったりして毎日行うということは、非常に疲れるものなのです。このように、「使いやすさ」を考える場合は、キッチンそのものの形状よりも、全体の家事システムとして大きく考えていただきたいと思います。

記入日時 2002/12/16/11:13:23

this page/1


ステキなリフォーム事例を大公開!


*--HOME--*

[TOP]

shiromuku(u1)COOK version 1.04